Wonderware InduSoft Web Studio の最新バージョン情報

IWS logo

Wonderware InduSoft Web Studio のメインページはこちら

Wonderware InduSoft Web Studio v8 + SP2 (新バージョン 2017年5月リリース)

Wonderware InduSoft Web Studio v8 + SP2 の主な更新内容

カタログダウンロード

Wonderware InduSoft Web Studio v8 + SP1 ( 2016年10月リリース)

Wonderware InduSoft Web Studio v8 + SP1 の主な更新内容

スタジオモバイルアクセス(SMA)シンクライアント(HTML5)

SP1新機能1トレンドコントロールが、スタジオモバイルアクセス(SMA)シンクライアント(HTML5)に追加されました。従来のSMA専用トレンドから大きく使い勝手が向上しました。 希望のマーカー位置でタップすることにより、マーカ位置で の各ペンの値をデジタルで表示します。 ズーミングについても、ピンチ操作(ピンチイン、ピンチア ウト)で可能です。

カスタム ウィジット

SMA シンクライアント( iOS / Android )では、一般的な「 Web アプリケーションの JavaScript 部品」を InduSoft プロジェクトの画面内でコントロールとして動作させることができます。
カスタム・ウィジェットの使用例
履歴トレンド画面例                          アラーム履歴画面例
SP1新機能2SP1新機能3

テキスト検索と置換

プロジェクトの開発、保守、トラブルシューティングする時に、Microsoft Visual StudioやEXCELのように、InduSoft の中で使用されているテキスト(画面、ボタン、スクリプト等のすべて)から必要なテキストを素早く検索して、該当テキストを使用している箇所の表示と置換、あるいは一括置換ができます。従来からのタグ名の検索と置換の機能と合わせて、変更・修正の生産性と品質が大きく向上します。

IoTView -Linux系 新しい機能
  • 算術計算タスクをサポート
    バックグラウンドでデータを操作するためのカスタムロジックを実行できます。
  • DB/ ERP 組み込み機能
    マイクロソフトのSQL Azure, SQL Server, Access MDB, Excel XLS/XLSX, Oracle, MySQLなどのリモートSQLリレーショナルデータベースとSQLトランザクションを実行します。
FactoryTalk™ ME/SEからのインポートウィザード(Add-on)

カタログダウンロード

便利な機能の紹介

InduSoft には、たくさんの便利な機能があります。

EXCELとの相互にコピ&ペースト可能

InduSoft 設定データをEXCEL編集してコピ&ペーストにて、データをやり取りできます。
従来のインポートとエクスポートよりも簡単にデータ設定ができます。

タグ、スクリプト等の文字列の検索と置換

InduSoft の開発版の中で、直接、検索、置換ができます。
エクスポート、インポートは不要です。

OPCサーバからのタグインポート機能

OPCサーバを使用しているときに、OPCサーバのタグをインポートして、InduSoft のタグの作成を容易にします。
また、OPCサーバーとの通信インターフェイス設定も、自動的に行われます。

デバッグツールとして、データベーススパイ

任意のタグについて、値の表示と変更ができ、デバッグの生産性を上げます。
また、デバッグ中だけではなく、InduSoft 実行中もデータベーススパイを読み出してタグの値表示・変更が可能です。

Wonderware InduSoft Web Studio v8 + SP1 ( 2015年9月リリース)

Wonderware InduSoft Web Studio v8 主な更新内容

  • Studio Mobile Access(スマートフォン用:Android、iOS)のレベルアップ:
    複数の画面(画面グループ、ポップアップ)をサポート
  • Windows 10 のサポート
  • Windows OS 以外のサポート: IoTView にて Linux と VxWorks でランタイムを実行可能